ドラフト会議概略 1

ドラフト会議概略 1

プロ野球ドラフト会議。正式名称は「新人選手選択会議」

「2009年 新人選手選択会議(ドラフト会議)の概要」がNPBのホームページに掲載されている。

「球団が新人選手と契約するためには、新人選手選択会議(ドラフト会議)で、契約を希望する選手に対する「交渉権」を獲得しなければならない。」と規定している。いつまであったかは後日調べるが、ドラフト外で入団することはできなくなったようだ。ただし、独立リーグ、外国人はドラフトには含まれない。

新人選手については以下に規定している
「新人選手とは、日本の中学校、高校、日本高等学校野球連盟に加盟が認められている学校、大学、全日本大学野球連盟に加盟が認められた団体に在学し、または在学した経験を持ち、いずれのNPBの球団とも選手契約を締結したことのない選手をいう。
日本の中学校、高校、大学に在学した経験を持たない場合であっても、日本国籍を有するものは新人選手とする。」

要するに日本の高校、大学を卒業した人及び日本国籍を持っていてプロ契約をしたことがない選手を新人とよぶ。
Sponsored Link
Sponsored Link

プロフィール

キーワード

プロ野球野球がだいすきな一ファンです

阪神タイガースを応援していますがプロ野球の発展も望んでいます。甲子園で活躍した選手がプロ野球でも甲子園で活躍してくれることも願っています。プロ野球を職業と選ぼうとした人達が希望の球団に入れるかという悲喜こもごもを見つめていきたい

ドラフト会議は選手にとって大事な行事である。プロ野球新人選手洗濯会議。プロ野球ファンにとっても話題の選手が応援チームに入団してくれるように祈る会議なのだ

数年後に活躍を期待する高校生。

すぐにでも活躍を期待される大学生や社会人。多くの野球ファンの注目が集まる

キーワード

プロ野球ドラフト情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。